カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ ご購入者様からのお声 サイトマップ

テタリスよくある質問

 
 
Q:薬用テタリスと薬用テタリスアルファの違いを詳しく教えてください。使用感成分の違いによる結果などです。
A:薬用テタリスと薬用テタリスアルファも効能効果は、同じです。
薬用テタリスには、血行促進の役割をするトウガラシチンキ、センブリエキスが含まれ、 微香性(男性の整髪料のような香り)でシットリとした感じの使用感になります。薬用テタリスアルファはトウガラシチンキ、センブリエキスなどの刺激成分が含まれていなく、アルブミンが多く含有され無香性でサッパリとした使用感になります。男女、年齢、症例の区別はありませんが刺激を好まない方、香りが気になる方、髪がシットリしてしまうのが嫌な方は薬用テタリスアルファをお勧めします。
 
薬用テタリスα 医薬部外品/低刺激性/無香性/さらさらタイプ/アルブミン配合
薬用テタリス 医薬部外品/低刺激性/無香性/さらさらタイプ/アルブミン配合

Q:薬用テタリスアルファ160mlは1日2回以上使用とありますが、1回では効果はありませんか?1日2回以上使用してどのくらいの期間使えますか?
A:薬用テタリス、薬用テタリスアルファとも1日1回では効果は現れません。一度に多量を塗布するよりも1日2回以上こまめに塗布してください。
約1ヶ月くらいで使いきるように塗布してください。

Q:薬用テタリスアルファの使用はシャンプー前後のどちらが効果がありますか?
また、マッサージは必要ですか?使用するにあたっての注意点はありますか?

A:薬用テタリス、薬用テタリスアルファともシャンプー後、頭皮をタオルドライ、もしくはドライヤーで軽く乾かした後に塗布してください。塗布する前、毎回シャンプーする必要はありません。また、毎日シャンプーをしない方でも必ず2回以上塗布してください。マッサージの必要はありませんので塗布した後は指で軽く押さえるようにしてください。注意点としては、頭皮にかゆみ、発疹などのトラブルがあるとき、医師の処方薬を使用しているとき、他社の育毛・養毛剤を使用しているときは使用しないでください。

Q:テタリスは熱に弱く冷蔵庫で保管すると良いと聞いたことがありますが、どうなのでしょう。夏に注文するとかなり温まって届くので気になってました。
A:冷蔵庫に保管することは、問題ありません。
ただし冷凍庫のような極端に低温の場所での保管はおやめください。 弊社の実験結果で、冷凍庫に保存した場合、沈殿が見られました。
また、夏の直射日光のあたる場所に長時間保管しないでください。

Q:テタリスの主成分、なぜタンパク質が髪の毛に効果的なの?
A:毛髪は皮膚が角質化したものであり、たんぱく質は毛髪の成長に欠かすことのできない重要な成分です。しかし、たんぱく質は蓄積できないという特性を同時に持ち合わせています。テタリス製品は、このたんぱく質を外部から補給できるように、長年の研究により製品化に成功したもので、たんぱく質の補給で、抜け毛、薄毛、フケ症の防止、また同時に含まれているビタミンE、B6などでさらに効果を促進させていきます。

Q:テタリス、弱酸性って何?
A:ヘアケア、スキンケア用品に弱酸性が増えてきました。健康的な肌は弱酸性。だから弱酸性ということは「肌の正常な状態のこと」と言うことができます。弱酸性が治療効果があるわけではなく、肌を弱酸性に保つことが大切です。ですから日焼けやほこりは過度に肌を痛めるので禁物。テタリスシャンプーは肌と同じ「弱酸性」。フケ・カユミも同時に抑えます。

Q:テタリス711はブログで抗がん剤副作用による脱毛を防止すると見たけど、使い方は?
A:治療(投薬、化学療法等)の3日以上前より711クリームのご使用を開始してください。1日3回(例 : 朝・昼・夕方・就寝前)使用し、3〜4週間繰り返します。 通常、投薬後2週間くらいは殆んど脱毛はなく、それ以降に脱毛が始まると思いますが、忘れずに塗布してください。その後薬用テタリス1日2回使用し、次の抗がん剤投与2、3日前からまた、711ヘアクリーム1日3回使用するのが効果的です。
 
 

テタリス【使用方法動画】



▼▼▼▼▼▼【動画はコチラ】▼▼▼▼▼▼
製薬会社が作成した動画で使用法がご覧になれます!

部分脱毛のご使用方法 テタリスヘアクリームと薬用テタリスアルファ 薬用テタリスアルファご使用方法 テタリスシャンプーご使用方法 テタリスヘアクリームご使用方法 薬用テタリスご使用方法 テタリストリートメントご使用方法

テタリスメディア掲載情報「月刊がん もっといい日」掲載

抗がん剤の副作用による脱毛でお悩みの方へ

雑誌や新聞で取り上げられた記事を紹介いたします

テタリスメディア掲載情報「月刊がん もっといい日」掲載

がん患者と家族のための医療最新情報誌「月刊がん もっといい日」で、「抗がん剤の副作用「脱毛」を予防する」として、薬用テタリスが紹介されました。
2004
10月号

〜QOLのさらなる向上のために〜
抗がん剤の副作用「脱毛」を予防する

抗がん剤治療の副作用には、嘔吐、食欲不振、白血球減少などさまざまなものがあるが、こと脱毛に関しては、ほかの副作用に比べればそれほど積極的に対策が講じられることは少ないようである。...

「枕元にごっそり」を減らしたい!

抗がん剤治療の副作用には、嘔吐、食欲不振、白血球減少などさまざまなものがあるが、こと脱毛に関しては、ほかの副作用に比べればそれほど積極的に対策が講じられることは少ないようである。
治療後には、再び生えてくることや身体機能への直接的な影響が少ないことが主な理由だろう。
しかし、朝起きたときに枕にごっそりと髪の毛が束になって抜け落ちているのを見たときのショックは、きっと経験した人にしかわからないだろう。
起こることがあらかじめわかっているとはいえ、そうしたショックは、治療に取り組む意欲にも少なからず影響するのではないだろうか。必ず生えてくるとはいっても、生えそろうまではかなり時間がかかる。治療後、なるべく普段と変わらない生活を送るためにも、精神的な安定をはかるうえでも、できる限り脱毛を予防することは大切だろう。
そして、抜けるにしても、なるべく量は少なくしたい。

脱毛はなぜ起こる?

抗がん剤治療による脱毛がなぜ起こるかについては、今までのところ解明されてはいないようだが、20年ほど前から抗がん剤治療における脱毛の予防に取り組んでいる数少ない医師、浦安今川橋医院の仁藤博院長(元武蔵野赤十字病院泌尿器科部長)はこう話す。
「毛母細胞は体のなかでも発育増殖の盛んな細胞なので、抗がん剤の影響を受けやすいのです。
抗がん剤によってその成長を中断、抑制されて脱毛は起こると考えられます」そもそも抗がん剤がなぜ効くのかを簡単に説明しよう。抗がん剤が投与されると、血液の流れにのり、体の隅々にまで行きわたる。
そして細胞分裂のスピードが早いがん細胞に入り込み、その分裂、増殖を阻止するのだ。
分裂するスピードの遅い正常な細胞は、傷つけられても酵素の働きによって元に戻ることができると言われ、抗がん剤の影響を受けることが比較的少ないようだが、「正常な細胞でも発育増殖の盛んな骨髄や臓器または毛髪はダメージが大きく、この結果、白血球減少、貧血、嘔吐、食欲不振、そして脱毛などの副作用が引き起こされる」のだという。
脱毛は、抗がん剤投与後13週間で起こる。治療が終わると12カ月で再生が始まり、36カ月でほとんど回復するといわれるが、抗がん剤の種類や投与量によって異なる。もちろん個人差もある。脱毛をおこしやすい抗がん剤としては、アドリアマイシン、ファルモルビシン、シスプラチン、イフォスファミド、サイクロホスファマイド、ビンクリスチン、ブレオマイシン、メソトレキセート、ビンデシン、エトポシド、パクリタキセルなどが挙げられる。

脱毛予防のセルフケア

脱毛予防として、抗がん剤投与中、ダンクールキャップ(頭部冷却用の組み立て帽子)で頭部を冷やす方法を取り入れている医療機関もあるという。なぜ頭部を冷やすことが脱毛予防になるのだろうか。「頭皮の血行がよくなると、血液の流れにのって全身に行きわたる抗がん剤が、それだけ毛根に届きやすくなってしまうため、抜けやすくなります。
ですから、頭部を冷やして頭皮の血行を促進させないようにすること脱毛対策としては有効です」
(仁藤医師)

治療前後から自分でできる脱毛予防法を仁藤医師にうかがった

o ブラッシングの注意点
抗がん剤投与中は、ブラッシングはできる限り避けたほうがよい。投与後もあまりし過ぎないよう、ブラシも毛の柔らかいものを使用するなど頭皮への刺激をなるべく少なくするように心がける。

o シャンプーの選び方、洗髪の注意点
髪が抜けるからといって洗髪を嫌がる人もいるが、頭皮を清潔に保つためにも洗髪はしたほうがいい。ただしその際、シャンプーは頭皮への刺激の少ないものを選びたい。弱酸性のものがお勧め。

o 育毛クリームの使用
血行を抑えて、ただし、栄養だけはきちんと与えるという観点から育毛クリームを利用する方法もある。では、この育毛クリームについてもう少し詳しく聞いてみよう。

「市販の育毛剤は血行を促進させることで毛母細胞を活性化し、脱毛を予防したり、発毛を促進させるものが多いのですが、そのなかでこの製品は血行を促進させる成分は入っておらず、毛髪の成長に必要な栄養分が入っています」(仁藤医師)
と、仁藤医師が説明する育毛クリーム「テタリス」の主成分はタンパク質のアルブミン。
これを抗がん剤投与の2日前から13回頭皮にすり込み、これを顕著な脱毛が収まるまで、3 週間ほど継続することで、脱毛予防効果があるのだという。
抜ける場合でも明らかに量は減るようで、朝起きて枕にごっそりと抜け落ちている、というような脱毛は予防できるというのである。仁藤医師は武蔵野赤十字病院泌尿器科部長時代、抗がん剤投与前の患者24名に、この製品の塗布を行いデータをとっている。
通常何も対策を講じなかった場合は毛髪の5090%脱毛するのに対し、ほとんど抜けなかった5名を含む17 名の患者は30%以下の脱毛だった。
しかし、7 名は毛髪の70%程度の脱毛が発現した、という結果だった。投与前から塗るのが理想的だが、抗がん剤投与後や脱毛後に塗り始めたとしても、その後の生え方や新たに生えてくる毛質が抗がん剤治療前の正常に近い状態になることも期待できるようだ。
そして最後に。できることを試したうえで、必ず生えてくるのだから「あまり気にしすぎない」ということもやはり大切なこと。これは仁藤医師も言うところである。
(取材・文◎松山 延代)


抗癌剤脱毛対策 投薬治療副作用脱毛でお悩みの方のためのテタリスシリーズはコチラ 抗がん剤脱毛予防セットがございます。

テタリスメディア掲載情報朝日新聞 「抗がん剤での脱毛 予防します」掲載

抗がん剤の副作用による脱毛でお悩みの方へ

雑誌や新聞で取り上げられた記事を紹介いたします

テタリスメディア掲載情報朝日新聞 「抗がん剤での脱毛 予防します」掲載


朝日新聞に「抗がん剤での脱毛 予防します」掲載されました。
1990
年(平成2年)1112日(月曜日)夕刊

抗がん剤での脱毛予防します

市販の育毛クリームに効果  数病院で確認
 抗がん剤の副作用である脱毛を防ぐクリームが注目されでいる。
髪の毛は抗がん剤をやめると再び生え始めるが、女性患者や子供にとってはやはり大問題のようだ。
 このクリームは三恵製薬(東京)が一九八二年から発売している育毛化粧品(商品名「テタリス」)。
約二十種類のアミノ酸、ビタミンを配合したものという。
抗がん剤使用の二日以上前から頭部にすりこむ。...

抗がん剤の副作用である脱毛を防ぐクリームが注目されでいる。 髪の毛は抗がん剤をやめると再び生え始めるが、女性患者や子供にとってはやはり大問題のようだ。

 このクリームは三恵製薬(東京)が一九八二年から発売している育毛化粧品(商品名「テタリス」)。約二十種類のアミノ酸、ビタミンを配合したものという。抗がん剤使用の二日以上前から頭部にすりこむ。効果を初めて確認したのは、東京・武蔵野赤十字病院泌尿器科の仁藤博部長ら。同病院の理容室から相談を受けたのがきっかけで八四年から八六年に二十四人の患者に使用、約七割に脱毛予防効果が見られた。

 以来、全国の数病院で追試が行われ、ほぼ同様の報告が出ている。 最近の日本癖(がん)治療学会でも、 東京女子医大産婦人科の滝沢憲・助教授グループが、 三種類の抗がん剤を組み合わせて四回(四カ月)以上使った卵巣がん患者二十六人に、 クリーム塗布と、効果を高めるための頭部冷却法とを併用したところ、 普通なら大半の人が抜けるのに、 カツラが必要なほど脱毛したのは三人だけだったと発表した。

 「抗がん剤の量にもよるが、脱毛の程度が軽くなるのは事実といってよい。 女性はもちろん、白血病などの子供も『また丸坊主になるのはイヤ』と、必要な治寮を逃げ回ることもある。 脱毛を減らせるだけで、患者の協力が得やすくなる」と仁藤さんは話している。。 このクリームは医薬部外品の育毛剤として厚生省の認可を得ている。


抗癌剤脱毛対策 投薬治療副作用脱毛でお悩みの方のためのテタリスシリーズはコチラ 抗がん剤脱毛予防セットがございます。

テタリスメディア掲載情報JAMA 日本語版 「癌化学療法時の脱毛を防ぐ」掲載


抗がん剤の副作用による脱毛でお悩みの方へ

雑誌や新聞で取り上げられた記事を紹介いたします

テタリスメディア掲載情報JAMA 日本語版 「癌化学療法時の脱毛を防ぐ」掲載

JAMA 日本語版に「癌化学療法時の脱毛を防ぐ」掲載されました。
The Journal of the American Medical Association)
1989
年(平成元年)11月号

癌化学療法時の脱毛を防ぐ

31回日本小児血液学会
 癌化学療法にしばしば伴う副作用に脱毛がある。
静岡赤十字病院小児科の森奉二郎氏らは、 動物性蛋白,各種アミノ酸を主成分とする外用育毛剤テタリスが, 化学療法に伴う脱毛に優れた効果を発揮したことを発表している。...

癌化学療法にしばしば伴う副作用に脱毛がある。

静岡赤十字病院小児科の森奉二郎氏らは、 動物性蛋白、各種アミノ酸を主成分とする外用育毛剤テタリスが、 化学療法に伴う脱毛に優れた効果を発揮したことを発表している。

 非ホジキンリンパ腫の13歳女児に、エンドキサン1200mg1回ビンクリスチン2mg毎週4回、 ダウノマイシン60mg2回静注、プレドニゾロン内服の寛解導入療法を行った際、 テタリスを頭部に塗布したところ、脱毛はきわめて軽度であった。

 骨肉腫の15歳女児には、アドリアマイシン30mg・シスプラチン125mg静注1回、 メソトレキセート3.6mg静注1回、アドリアマイシン30mg連日静注3回、 メソトレキセート5mg静注2回、アドリアマイシン30mg・シスプラチン125mg静注1回、 ブレオマイシン15mg・エンドキサン600mg・アクチノマイシンDO.6mg連日静注2同行っているが、 テタリスを1Oチューブ塗布しダンクールキャップを併用したところ、脱毛は軽度であった。

他にも骨肉腫、ホジキン病の症例にテタリスを使用したが、脱毛は抑制されているという。

 脱毛は生命予後に影響する副作用というわけではないが.心理的な負担が大きく、 治療の継続に支障をきたすことさえある。テタリスの脱毛抑制効果は顕著で、 有用な薬剤であると述べている。

 なお、テタリスは医薬部外品で、すでに市販されている。

1989928日〜29月、長崎)


抗癌剤脱毛対策 投薬治療副作用脱毛でお悩みの方のためのテタリスシリーズはコチラ 抗がん剤脱毛予防セットがございます。

テタリスメディア掲載情報づ豕新聞 「抗がん剤による脱毛を防止」掲載


抗がん剤の副作用による脱毛でお悩みの方へ

雑誌や新聞で取り上げられた記事を紹介いたします

テタリスメディア掲載情報東京新聞 「抗がん剤による脱毛を防止」掲載

東京新聞に「抗がん剤による脱毛を防止」掲載されました。
1987
年(昭和62年)125日(日曜日)朝刊

抗がん剤による脱毛を防止

 タンパク質を主成分にした新しい養毛剤を事前に塗ると抗がん剤の副作用による脱毛を防止できることが、 武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)の仁藤博泌尿器科部長らの研究でわかり、 二十四日武蔵野市で開かれた多摩地区泌尿生殖器悪性腫瘍(しゅよう)症例検討会で発表された。
退院後、早期社会復帰を目指す患者にとって脱毛は大きな悩みだが、 この養毛剤でこうした悩みもなくなり、大きな朗報といえそうだ。...

タンパク質を主成分にした新しい養毛剤を事前に塗ると抗がん剤の副作用による脱毛を防止できることが、 武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)の仁藤博泌尿器科部長らの研究でわかり、 二十四日武蔵野市で開かれた多摩地区泌尿生殖器悪性腫瘍(しゅよう)症例検討会で発表された。
退院後、早期社会復帰を目指す患者にとって脱毛は大きな悩みだが、 この養毛剤でこうした悩みもなくなり、大きな朗報といえそうだ。

 同病院では、抗がん剤を投与されているがん患者から 「脱毛したままだと退院してもすぐ社会復帰できない」との悩みが相次ぐため、 病院内の理容店と協力して何種類もの養毛剤を使って育毛を試みてきた。しかし、ほとんどの養毛剤は効果がなく、逆に脱毛を促進するものもあった。

 五十九年初め、三恵製薬(東京・南麻布)からタンパク質の一種であるアルブミンを主成分にした 養毛剤(テタリス)が持ち込まれ、使ってみると、効果のあることがわかった。
もともと、一般の養毛剤として開発した同社は、 抗がん剤の副作用による脱毛を防止できるという思わぬ効果にぴっくり。
同病院と同社は協力して、どれくらいの量をどのように使えば最も効果があるか、 これまでに約百五十人を対象に試行錯誤を繰り返して調査した。

 その結果、抗がん剤の投与開始後や毛が抜けてしまったあとでは効き目はないが、 投与の前日か二日前から毎日三回、二・七グラムずつ頭の地肌にすり込むと効果のあることがわかった。 また、抗がん剤の投与をやめたあと毛髪が生え始めるのは普通半年後だが、 この養毛剤を使うと、二−三週間後で生え始めることもわかった。

 泌尿器科のがん患者十五人に使った成績では、 普通なら抗がん剤による副作用で髪の毛の五〇―九〇%が抜けるのに対し、 全く抜けない人が三人、一〇%しか抜けない人が二人おり、 最も多く抜けた人で七〇%、平均三〇%の脱毛率にとどまった。

 仁藤部長や同社の松原靖社長によると、抗がん剤は血管を通って体内の組織の隅々に行く。
増殖の盛んな組織ほど抗がん剤がたくさん行ってやられる。
毛根もその一つで、抗がん剤が沈着、栄養分を吸収できないようにして細胞分裂を阻止、脱毛する。

 数百種類はあるといわれる養毛剤は、せんじて飲む健胃剤のセンブリ(薬草)やトウガラシのエキス、ビタミンEな主成分にしている。
血行を促進して栄養分を毛根に吸収しやすくするか、頭皮が乾かないようにして脱毛を防止することを狙っている。
ところが、血行をよくすると、血中の抗がん剤も毛根に到達しやすくなって、逆に脱毛を促進する場合もあるという。

 これに対し、新しい養毛剤はアルブミンを主成分にしており、血行を促進する成分が入っていない。
このため抗がん剤の作用が少なく、アルブミンが栄養剤として毛根に作用するため脱毛が防止できるという。

 同社は五十一年からアルブミンを主成分とした新養毛剤の開発に取りかかり、五十七年にヘアトニックタイプのものを完成させだが、 頭に塗るとアルブミンのにおいが強かった。
そこで研究を続け、昨年春、においのないものを完成。さらに一回ずつ使い捨てでき、 患者が寝たままでも使えるように、小指の先ほどのチューブに入ったクリームタイプのものを開発、 今月十三日、厚生省から頭髪用化粧品として許可された。

 これまでにも、タンパク質を構成するアミノ酸を栄養源として混入した養毛剤は一部にあるが、 主成分は血行を促進させるもので、今回のように栄養源のタンパク質を主成分としたものは初めてという。
 仁藤部長は「いろいろな養毛剤を試してみたが脱毛防止効果のあるものはこれ一つだった。
がんを治すことは最優先で、脱毛するからといって抗がん剤の投与を減らすことはしない。
しかし、脱毛で精神的なショックを受ける人は多い。
こうした患者の気持ちに少しでもこたえようと思って使っている」と話している。


抗癌剤脱毛対策 投薬治療副作用脱毛でお悩みの方のためのテタリスシリーズはコチラ 抗がん剤脱毛予防セットがございます。

テタリスメディア掲載情報テ蒜篆景 「抗ガン剤による脱毛育毛剤が効いた」掲載

抗がん剤の副作用による脱毛でお悩みの方へ

雑誌や新聞で取り上げられた記事を紹介いたします

テタリスメディア掲載情報読売新聞 「抗ガン剤による脱毛育毛剤が効いた」掲載

読売新聞に「抗ガン剤による脱毛育毛剤が効いた」掲載されました。
1987
年(昭和62年)116日(金曜日)夕刊

抗ガン剤による脱毛育毛剤が効いた

 ガン細胞の増殖を抑える抗ガン剤は正常細胞の増殖も抑えるため、脱毛などの副作用をもつものが少なくない。
患者の間で「赤チン」と俗称される抗ガン剤は投与を開始して四十八時間で脱毛が始まり、 早い人では二週間でほとんど頭髪がなくなるほど。
 黒髪は女の命。男性でも束になって抜ける脱毛にショックを受けるが、 頭髪よりも命を優先するのが医師の立場。...

ガン細胞の増殖を抑える抗ガン剤は正常細胞の増殖も抑えるため、脱毛などの副作用をもつものが少なくない。
患者の間で「赤チン」と俗称される抗ガン剤は投与を開始して四十八時間で脱毛が始まり、 早い人では二週間でほとんど頭髪がなくなるほど。

 黒髪は女の命。男性でも束になって抜ける脱毛にショックを受けるが、 頭髪よりも命を優先するのが医師の立場。
事前に脱毛する事実を伝えたうえで、投与を開始するのが普通だ。

 投与が終わって半年から一年後、抗ガン剤の影響がなくなると、 頭髪は再び生えてくるものの、生えそろうまではカツラでしのぐしかない。
脱毛を防ぐ対策はないものか。 武蔵野赤十字病院の泌尿器科部長の仁藤博さんはこの問題に心を砕いてきた。

 同病院にはヘアサロンがある。
仁藤さんの意をくんだ理容師・竹藤盛司さん(五四)が市販の育毛剤を 入院中のガン患者および退院した人の希望に沿って試したところ、 三恵製薬(本社=東京・南麻布)が全国の理容店を通して販売している育毛剤「テタリス」が、 脱毛をかなり予防することがわかった。

 同社では、テタリスを試供品として提供、犲N甜存魁蹐仁藤さんの指導のもと、 五十九年四月から行われている。
これまで約二百五十例に試した結果では、抗ガン剰を投与する二日前からクリーム状のテタリスを毎日三回すり込むと、 頭髪の七〇−九〇%が抜けずに残ることがわかった。
また、丸坊主になった人でも使用して三週間で生え始め、 三か月で角刈り程度に伸びたケースもあったという。

 「社会復帰の可能性がある患者に対しては、脱毛対策も考慮すべきだ」とする仁藤さんは、 治療した泌尿・生殖系のガン患者十五例について、 近く開かれる東京・多摩地区の研究会でテタリスの効用を発表する予定。

 養毛・育毛剤は化粧品業界に残された数少い成長分野だ。毎年、数銘柄が登場し、 現在では四十社・八十銘柄。市場価格で約四百億円にのぼるとされるが、 ほとんどの銘柄がセンブリから抽出したスウェルチオールを主成分とする。
せんじて飲めば苦い健胃剤。胃の毛細血管を拡張して血流を改善する。
頭皮につければ毛根の血流を良くし、養毛・育毛につながる。
センブリのほかには、トウガラシの成分やビタミンEのほか補助材料を加えたものが一般的な養毛・育毛剤という。

 テタリスの成分は企業秘密だが、同製薬の松原靖社長によると、 動物性たんばくをもとにした各種アミノ酸とか。


抗癌剤脱毛対策 投薬治療副作用脱毛でお悩みの方のためのテタリスシリーズはコチラ 抗がん剤脱毛予防セットがございます。

テタリス711についての発表

昭和62

テタリスクリームが抗癌剤による脱毛の予防に効果があることが、東京都多摩地区泌尿生殖器悪性腫瘍症例検討会で発表される。
これは読売新聞、東京新聞、中日新聞に掲載され、また日本短波放送でも放送され、大きな反響を呼ぶ。

昭和62

5月 頭髪用化粧品「テタリス711」を病院向けとして発売。

昭和63

全国自治体病院学会および国立病院療養所総合医学会において、テタリス711の効果が発表される。

平成元年

日本小児血液学会において、テタリス711の効果が「抗悪性腫瘍剤による脱毛に対する育毛テタリスの予防効果」と題して発表される。

平成2

日本癌治療学会において、テタリス711の効果が「CAP療法施行患者におけるアドリアマイシン誘導体による脱毛と防止の試み」と題して発表される。 朝日新聞「科学」に病院でのテタリス711の効果が掲載され、大反響を呼ぶ。

平成3

癌治療と宿主に「CAP療法による脱毛とその対策」と題して、テタリス711の効果が掲載される。

平成4

癌化学療法の副作用対策に「脱毛とその対策」と題して、テタリス711の効果が掲載される。

平成8

癌化学療法の副作用対策・改訂版で、テタリス711の効果が掲載される 。





仁藤医師は武蔵野赤十字病院泌尿器科部長時代、抗がん剤投与前の患者24名に、この製品の塗布を行いデータをとっている。 
通常何も対策を講じなかった場合は毛髪の50〜90%脱毛するのに対し、ほとんど抜けなかった5名を含む17 名の患者は30%以下の脱毛だった。
しかし、7 名は毛髪の70%程度の脱毛が発現した、という結果だった。

【特集】抗がん剤の副作用による脱毛でお悩みの方へ

抗がん剤の副作用による脱毛でお悩みの方へ

雑誌や新聞で取り上げられた記事を紹介いたします

「月刊がん もっといい日」掲載

がん患者と家族のための医療最新情報誌「月刊がん もっといい日」で、「抗がん剤の副作用「脱毛」を予防する」として、薬用テタリスが紹介されました。
2004
10月号

〜QOLのさらなる向上のために〜
抗がん剤の副作用「脱毛」を予防する

抗がん剤治療の副作用には、嘔吐、食欲不振、白血球減少などさまざまなものがあるが、こと脱毛に関しては、ほかの副作用に比べればそれほど積極的に対策が講じられることは少ないようである。...

全文を見るには画像をクリックしてください

朝日新聞 「抗がん剤での脱毛 予防します」掲載

朝日新聞に「抗がん剤での脱毛 予防します」掲載されました。
1990
年(平成2年)1112日(月曜日)夕刊

抗がん剤での脱毛予防します

市販の育毛クリームに効果  数病院で確認
 抗がん剤の副作用である脱毛を防ぐクリームが注目されでいる。
髪の毛は抗がん剤をやめると再び生え始めるが、女性患者や子供にとってはやはり大問題のようだ。
 このクリームは三恵製薬(東京)が一九八二年から発売している育毛化粧品(商品名「テタリス」)。
約二十種類のアミノ酸、ビタミンを配合したものという。
抗がん剤使用の二日以上前から頭部にすりこむ。...

全文を見るには画像をクリックしてください

JAMA 日本語版 「癌化学療法時の脱毛を防ぐ」掲載

JAMA 日本語版に「癌化学療法時の脱毛を防ぐ」掲載されました。
The Journal of the American Medical Association)
1989
年(平成元年)11月号

癌化学療法時の脱毛を防ぐ

31回日本小児血液学会
 癌化学療法にしばしば伴う副作用に脱毛がある。
静岡赤十字病院小児科の森奉二郎氏らは、 動物性蛋白,各種アミノ酸を主成分とする外用育毛剤テタリスが, 化学療法に伴う脱毛に優れた効果を発揮したことを発表している。...

全文を見るには画像をクリックしてください

東京新聞 「抗がん剤による脱毛を防止」掲載

東京新聞に「抗がん剤による脱毛を防止」掲載されました。
1987
年(昭和62年)125日(日曜日)朝刊

抗がん剤による脱毛を防止

 タンパク質を主成分にした新しい養毛剤を事前に塗ると抗がん剤の副作用による脱毛を防止できることが、 武蔵野赤十字病院(東京都武蔵野市)の仁藤博泌尿器科部長らの研究でわかり、 二十四日武蔵野市で開かれた多摩地区泌尿生殖器悪性腫瘍(しゅよう)症例検討会で発表された。
退院後、早期社会復帰を目指す患者にとって脱毛は大きな悩みだが、 この養毛剤でこうした悩みもなくなり、大きな朗報といえそうだ。...

全文を見るには画像をクリックしてください

読売新聞 「抗ガン剤による脱毛育毛剤が効いた」掲載

読売新聞に「抗ガン剤による脱毛育毛剤が効いた」掲載されました。
1987
年(昭和62年)116日(金曜日)夕刊

抗ガン剤による脱毛育毛剤が効いた

 ガン細胞の増殖を抑える抗ガン剤は正常細胞の増殖も抑えるため、脱毛などの副作用をもつものが少なくない。
患者の間で「赤チン」と俗称される抗ガン剤は投与を開始して四十八時間で脱毛が始まり、 早い人では二週間でほとんど頭髪がなくなるほど。
 黒髪は女の命。男性でも束になって抜ける脱毛にショックを受けるが、 頭髪よりも命を優先するのが医師の立場。...

全文を見るには画像をクリックしてください

抗癌剤脱毛対策 投薬治療副作用脱毛でお悩みの方の抗がん剤脱毛予防「テタリス711クリーム」はコチラ

ページトップへ